RaRa通信

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RaRa 通信

人生は勘違いでみっけもん

スポンサードリンク

人生 どん底バンザイ♪借金苦があったから今が楽しい。

雑記

スポンサードリンク

 

今でこそ 明るい私ですが これで 

結構な人生どん底味わって来ています。

20代までは わりと幸せに過ごしていました。

かなり厳格な家庭で育ったため 

(決して 裕福な家でもなく お嬢様でもないです。

ただガチガチにお堅い公務員の父と

父に従う専業主婦の母がいました。)

 

f:id:happyrara:20170113205854p:plain

高校生になっても 門限は5時半で テレビは夜9時で終わり。

(夜はラブシーンがあるから(笑) )

なので 実家には 18年しか我慢できずに というか 

18年もよくぞ耐えて

東京へ旅立ちました。

地元の音大に行って

ピアノの先生になりなさい」という親を

ものすごいエネルギー使って

とうとう 説き伏せて憧れの大都会 東京へ飛び出したのです。

といっても 一人暮らしなんてさせてもらえません。

東京のとなり「埼玉」の叔母の所に住むならOKというお許しだったのです。

 

親は

しかたない ここは折れて 学校卒業したら 地元に就職させて 公務員とお見合いさせて

結婚させて 近くに住まわせようと思ってたらしいです。

 

 叔母さんの家にいたのは たった3か月。

自由になりたくて さっさと 高円寺にアパート決めて 一人暮らしはじめちゃいました。

とはいえ 一人暮らしは 実家暮らしと違い お金がかなりかかるので

その頃は 生活がかなり厳しかったです。

 有楽町のビアホールとか 居酒屋さんでアルバイトをずーっとしてました。 

 

そして普通にОLになりました。

 

f:id:happyrara:20170113210408j:plain

そして ここから 自分探しもはじまったんです。

会社の 仕事が全然 面白くない。

といっても 何の仕事がしたいのかもわからないし

仕事のやりがいとか 働く楽しさなんて 全然ない。

キャリアを磨くという気持ちも なく

多分あと1、2年で誰かと結婚して

家庭におさまるんだもの。

資格とか特に必要ないと思ってました

勤める会社も なんとなく面白くないなぁと思うとすぐやめて

また次の会社に転職 て感じ。

時代がよかったのと 若かったから 若い女子は

会社をやめても 別の会社が受け入れてもらえてました。

でも 1,2年で 売れる(結婚)はずが これが 売れないんだなー。

あれー? おかしいなぁーー。

と思っているうちに。。

 

青天の霹靂

 

スポンサードリンク

 

 

友人の借金を被ってしまいました。

ハンコついたわたしがいけないのですが。。

お店を作って一緒にやろうという友達の持ちかけで。。。(▽゚;) 

ОLやってる給料じゃ 絶対 返せない。。。

といって 親に泣きつくことは 全然 考えもしなかったのと

破産をする手続きをとるという道があることも知らなかった。

一生 朝 昼 夜 働き続けないと。。 という覚悟。

 

 

f:id:happyrara:20170113210907p:plain

一生 海外旅行も行けないなー。

居酒屋でビールも 飲めないなー。

おばあさんになっても 働いていないとなんだなーー。

見える景色が ぜーんぶ 灰色に見えました。

 

今まで 転職繰り返しいてきた なんの資格も キャリアもない

いったい何をして どう働いて

毎月数十万の借金を返済できるのでしょう~。

でもミラクルな事が次々と起きて

借金状態から ジェットコースターのような 日々が始まって

今度は本当の自分のお店を持つようにまでなりました。

なので私は引き寄せの法則を信じているのです。

 

 

f:id:happyrara:20170113210948p:plain

 

 

今 思うと 人生ってすごいなぁーって思います。

「願ったことは 叶う」 ということを

実感しています。

しかも 目標の 借金返済はもちろん

さらに もっと 上のステージにいけたんですから

引き寄せの法則って 本当にあるです。

今は 借金をくれた友達に感謝しています。

だって その逆境がなかったら いつまでたっても

私は 人生の目的も  こういう人生を送りたいっていう

明確な夢も なく  

カツカツの給料で 楽しみは お金のかからないテレビドラマという

職場とアパートとの往復だけの毎日を送っていたことでしょう。

 

スポンサードリンク

 

  • スポンサードリンク